住宅ローンの金利タイプは入念に検討

吟味して決める住宅ローン金利

住宅ローンを組む際には金利を基準にして金融機関を比較していく人がほとんどでしょう。。 その場合には固定金利か変動金利、固定金利選択型の中から選ばなくてはなりません。 ですから、ローンを組む前には住宅ローンの金利の種類を選択するのが大切になってくるのです。

ちなみに固定金利の場合は全期間固定と段階金利型があります。 全期間固定の場合は全期間適用金利が変わらなく、低金利の時期にローンを組めば、金利が上昇してしまっても低金利のまま支払っていくことが可能になっています。 また、段階金利型の場合は11年目に金利がアップしていくなどがありますが、返済額が一定なので生活費の管理がしやすくなっています。 そして、変動金利の場合は年に2回ほど金利が見直されますが、5年の間は返済額が固定される場合がありますので、低金利期や金利下降期には低金利でいられるというメリットがあります。 最後に固定金利選択型では、固定期間が満期したあと、金利の状況次第で固定金利にするか変動金利にするかを選べるようになっています。

住宅ローンの金利の種類を選択をすることで返済額も大きく変わっていきますので、いろいろと検討する必要があるでしょう。 自分で住宅ローンの金利の種類を選択し、そこから住宅ローンの審査をしていくと良いかと思います。

 

おすすめ住宅ローンサイト

ソニー銀行住宅ローン審査窓口!基準厳しい?【今後の金利推移は?】
ソニー銀行住宅ローン審査の窓口です!今後の金利の推移や手数料、ソニー銀行の評判などあなたの知りたいポイントを押さえて解説!審査に通るコツなどもご案内します。
www.mtgasia.info/


Copyright (C) 住宅ローンが払えない時の対処法 All Rights Reserved