住宅ローンの支払が出来ない

住宅ローンを払うことができない時

もしも、何らかの事情により住宅ローン払えない場合、その対処法としていくつか挙げられています。 まず、物件と住宅ローンの残高の差額を債権者に払ってもらってから売却をするという方法があります。 また、住宅ローンの残高をそのまま残しておき、債権者と合意したのち相場に近い価格で売却をしてから、差額がある場合に限り、無理のない程度で返済をしていくという方法もあります。 最後に裁判所が法的手段にのっとり強制的に売却をさせるという方法もあります。 この場合ですと相場価格よりも非常に低い価格での落札になってしまうことがほとんどなので、できれば物件と住宅ローンの差額を債権者の方に払ってからの売却の方が安心でしょう。 しかし、住宅ローン払えないということは資金がないのと同じなのであまりこういった方法で対処する人がいないかと思います。

現実的に考えると住宅ローン払えない場合には任意売却が一番有利な方法になってくるでしょう。 相場に近い価格で売れますし、残りのローンができてしまっても無理のない範囲で分割をしていけるので計画的に新しい生活へと移行できるはずです。 もしも、住宅ローンを払えない場合にはぜひ、任意売却をオススメします。

ただ、住宅を売ってもまだ、あまりにも多くの返済金額が残っているようであれば自己破産をオススメします。 早く決着がついた方が、その先の個人信用情報がキレイになるのも早くなってくるそうです。 もちろん、金融機関によっては支払い金額の相談をし、年齢などに問題がないようであれば返済期間を長くしてくれることも可能になります。 それでも、返済ができない場合にはやはり住宅を売って返済していくことになるそうです。 ローンの残りの金額が販売金額の方が高ければ支払いに問題はありませんが、そうでない場合には借金という形で売っていくことになります。

住宅ローンを借りるということは、これからの自分の人生に大きく関わってくることなので、住宅ローンの申請をする前に、もう一度きちんと返済計画などをたてましょう。 月々にいくらの返済ならば生活していけるか、何十年も先のことも良く考えて住宅ローンを組んでいきましょう。 もしも、今後住宅ローンを支払えなくなってしまったら、長年住んでいた住宅を手放さなければならない可能性も出てきますので、そうならないように事前にきちんと返済について把握しておく必要があります。

 


Copyright (C) 住宅ローンが払えない時の対処法 All Rights Reserved