住宅ローン借り換えで借入期間延長できる

住宅ローンが払えない時はどうすればいい?

もしも、何らかの事情により住宅ローン払えない場合、その対処法としていくつか挙げられています。 まず、物件と住宅ローンの残高の差額を債権者に払ってもらってから売却をするという方法があります。 また、住宅ローンの残高をそのまま残しておき、債権者と合意したのち相場に近い価格で売却をしてから、差額がある場合に限り、無理のない程度で返済をしていくという方法もあります。 最後に裁判所が法的手段にのっとり強制的に売却をさせるという方法もあります。 この場合ですと相場価格よりも非常に低い価格での落札になってしまうことがほとんどなので、できれば物件と住宅ローンの差額を債権者の方に払ってからの売却の方が安心でしょう。 しかし、住宅ローン払えないということは資金がないのと同じなのであまりこういった方法で対処する人がいないかと思います。

現実的に考えると住宅ローン払えない場合には任意売却が一番有利な方法になってくるでしょう。 相場に近い価格で売れますし、残りのローンができてしまっても無理のない範囲で分割をしていけるので計画的に新しい生活へと移行できるはずです。 もしも、住宅ローンを払えない場合にはぜひ、任意売却をオススメします。

ただ、住宅を売ってもまだ、あまりにも多くの返済金額が残っているようであれば自己破産をオススメします。 早く決着がついた方が、その先の個人信用情報がキレイになるのも早くなってくるそうです。 もちろん、金融機関によっては支払い金額の相談をし、年齢などに問題がないようであれば返済期間を長くしてくれることも可能になります。 それでも、返済ができない場合にはやはり住宅を売って返済していくことになるそうです。 ローンの残りの金額が販売金額の方が高ければ支払いに問題はありませんが、そうでない場合には借金という形で売っていくことになります。

住宅ローンを借りるということは、これからの自分の人生に大きく関わってくることなので、住宅ローンの申請をする前に、もう一度きちんと返済計画などをたてましょう。 月々にいくらの返済ならば生活していけるか、何十年も先のことも良く考えて住宅ローンを組んでいきましょう。 もしも、今後住宅ローンを支払えなくなってしまったら、長年住んでいた住宅を手放さなければならない可能性も出てきますので、そうならないように事前にきちんと返済について把握しておく必要があります。

支払いが苦しいなら住宅ローン借り換えで支払期間の延長を

家計を圧迫すると言われる住宅ローンの返済ですが今組んでいるローンの金利よりも低いローンがもっと低く設定されているローンが見つかったらそちらに変えたいですよね。

変える際、金利だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記などで様々な費用が発生しますので、費用を入れて計算したら逆に損してしまうということもあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えをする際の基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

今の借りているローンの金利よりも低い金利にするために行う住宅ローン借り換えですが、借り換えを行う際にはいくつか注意点があります。

まず一つは借り換えを行うメリット・デメリットを十分に把握することです。

例えば、メリットとしては月々の返済額を今よりも低く抑えられることなどが挙げられますが基本的に金利が低くなっているのは変動型なので申し込み時に必要な諸費用を再度支払う必要が出てきます。

こういった金利以外の面も含めて総合的に考えるべきです。

他にも借り換えを行うのを決めた場合には、借り換え先を選ぶ際に、保証料がかからないローンなのか、繰上げ返済が簡単で無料かなどの基準から自分に合ったローン選びをする必要があります。

様々なローンの利用を考える際、必ず確認するのが金利です。

その際、特に悩むのが固定か変動かではないでしょうか。

金利だけを気にすると変動の方が低く設定されていることが多いですがしかし、変動というように大体半年ごとに金利が変わってしまうので場合によっては、固定金利よりも高くなってしまい、支払額が想定以上に上がる可能性があるなど計画が立てにくい面もあります。

住宅ローン借り換えを行う場合は基本的に変動を選ぶことになると思います。

固定の場合では、ローン期間中ずっと同じ支払額になるので返済計画を立てやすい、急な金利上昇が起きても毎月の支払額に変更がないというメリットもあります。

両方の中間とも言える固定期間選択制というものもあります。

毎月のローンの支払額を低くしようと思い、住宅ローン借り換えを考える家庭もあると思います。

では、その場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

現在借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える場合は別の保険に加入することもできます。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

住宅再建に必要な保険金を受け取るには、保険金額が適切な金額で設定されている必要があります。

借り換えのタイミングで見直してはいかがでしょうか。

行うとほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換え融資はいつから可能なのでしょうか。

最短はわかりわからず半年から行っている場合もあるようですが、例えば、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なく続けている方という項目があります。

他の銀行もほぼ同様の審査基準になっていると考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには借り換え手数料が必要になったり担保となる住宅が中古物件扱いになることから審査が通りにくい可能性はあります。

新規の借入時よりも金利が下がっていればメリットはありますが、少なくとも1年間返済をした後に検討しましょう。

住宅ローンを組んだ際に固定金利のフラット35を利用した方の多くは全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は借り換え融資ができるようになっているので支払い期間を延長する住宅ローン借り換えをフラット35同士で借り換えを行うとお得な場合も多くなっているんです。

参考:住宅ローン借り換えで借入期間を延長できる?【返済額を減らす方法】

得するには基本的に金利差が0.3%以上あると良いようです。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるケースが多いです。

変動金利の方が1%から2%低く設定されていることが多いのでパッと見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかし固定金利同士での借り換えは、金利変動リスクはありません。

最近、ネット銀行などでは非常に低い金利を設定している場合があるので、支払い期間を延長する住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組む場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が起きるかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に夫の単独名義になる問題が出てきます。

こういった夫婦などでの連帯債務の借り換えには金利以外に税負担が発生する可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、不動産登記などの借り換えにかかる費用と発生する税負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

支払い期間を延長する住宅ローン借り換えについて調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンの借り換えができないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤が原因でローンと賃貸料の二重支払いになってきつい、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身・家族の居住のための住宅取得資金を対象にしているからです。

そのため、他のローンなどを探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからないと思います。

他にも離婚で別居する際なども同じことが言えます。

住宅ローンの返済でお悩みの人の中には支払い期間を延長する住宅ローン借り換えをして利息を減らそうと思っている人もいるのではないでしょうか。

その際に、今のローンとは違う住宅ローンを探すことになりますがどんなメリットをもとにローンを選べば良いのでしょうか。

具体的に、どういったメリットで選ぶかというとひとつは保証料が必要ないことです。

保証料は金利に換算すると「毎年0.2%」になると言われています。

例えば3000万円を30年ローンの場合、60万円以上かかる計算になります。

他にも。

一番大切と言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を進めれば進めるほど元本も利息も減ります。

住宅ローンを利用している際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行った場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除とは10年間にわたって年末の住宅ローン残高の1%が所得税額から戻ってくる制度です。

借り換え時に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントと専門家の方も言っています。

ローン控除をフルに受けるには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済を行いことなどがあります。

金利が1%未満なら戻ってくる所得税よりも支払雨金利が大きくなるので損になるからです。

金利が1%未満の場合、戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

 


Copyright (C)住宅ローン借り換えで借入期間延長できる【払えない時の対処法】 All Rights Reserved